市販ボディクリームで妊娠線を予防する!おすすめ5選!

妊娠線クリーム

こんにちわ。看護師ママです。

妊娠線の予防に保湿ケアがありますね。

そこで、この記事では「妊娠線ケアに使える市販ボディクリーム」を紹介します。

 

ドラッグストア(薬局)やLOFT・PLAZAといった店舗販売されている商品で、妊娠線予防に使えるクリームを探している方は参考にしてください。

【市販】妊娠線予防クリームの代用5選!

では早速、市販されているクリームの中から妊娠線予防に使えるボディクリームを5個厳選したので紹介します。参考にどうぞ◎

 

・forfam ボディミルク

市販おすすめ①フォーファム

参考価格 : 3,132円

市販 : PLAZA/ベビーザラス/東急ハンズなど

 

forfamボディミルクは赤ちゃんから大人まで全員が使える保湿クリーム。

妊娠線の専用クリームというわけではないですが、肌を柔らかくする成分も配合されています。

そのため、妊娠線予防として活用できるボディクリームです。

ドラッグストアやドンキでは売っていません。

 

 

・ピジョン ボディマッサージクリーム

市販おすすめ②ピジョン

参考価格 : 2,808円(250g)

市販 : 西松屋・赤ちゃん本舗・ドラッグストア

 

ベビー用品ブランドとして有名な「ピジョン」から発売されているボディクリーム。

肌を柔らかくする成分はもちろん、肌を整える成分として注目されている「葉酸」も配合されています。

市販されているボディクリームとしてはかなり優秀です。

 

・犬印 モイスチャーミルク

市販おすすめ③犬印

参考価格 : 2,052円(200ml)

市販 : ドラッグストア・ドンキ・赤ちゃん本舗

 

マタニティウェアのブランド「犬印」から発売されているボディミルク。

保湿成分がたっぷり配合してあるので、妊娠線予防として保湿目的に使える商品です。

ただし、公式サイトの商品ページに全成分の記載がないので、肌を柔らかくしたりする成分が入っているかは分かりません(;^ω^)

おそらく書いていないということは、配合されていないんだろうなって思います。

 

・ニベア青缶

市販おすすめ④ニベア青缶

参考価格 : 500円前後(169g)

市販 : ドラッグストア・ドンキなど

 

ニベア青缶はどこでも売ってるので、買いやすいというのもポイントですね。無くなってもすぐ買いに行けるという手軽さがあります。

高保湿クリームなので、保湿することに関して言えば優秀です。ただし、肌の柔軟性などに有効な成分は配合されていません。

クリームが硬いので、ボディオイルと混ぜて塗る方法がおすすめです。

 

・ジョンソンエンドジョンソン エクストラ

市販おすすめ⑤ジョンソンエンドジョンソン

参考価格 : 598円(200g)

市販 : ドラッグストア・ドンキ

 

ジョンソン・エンド・ジョンソンのボディケア エクストラは高保湿タイプになります。

「とにかく安いものでしっかりと保湿ケアしたい!」というプレママさんにおすすめ。

妊娠線予防として市販&価格重視ならニベア青缶かこれの2択だと思います。

香りが強い点だけはご注意ください。

 

市販のボディクリームでは妊娠線予防はムリなの!?

ここが1番気になるポイントですよね・・・(;^ω^)

 

結論からお伝えすると、市販のボディクリームでも妊娠線予防はできます!

保湿することは妊娠線予防にとって大切なので市販のボディクリームでもOKです。

 

しかし、残念ながら妊娠線予防に絶対はありません!

「使う商品によって妊娠線ができない可能性をどれだけUPさせれるか」ということになります。

  • 市販のボディクリーム : 〇
  • 専用の妊娠線クリーム : ◎

こんな感じです!笑。

 

妊娠線を防ぎたいなら専用クリームを使うべき!

専用クリームの方が妊娠線予防になる

上記でお伝えしたように、市販のボディクリームでも妊娠線予防が可能です。

しかし、少しでも妊娠線ができない可能性を上げたいなら専用クリームを使うべきですね。

これには理由があるのでお話しておきます。

 

妊娠線の予防には、大切なことが4つあります。

  1. 保湿
  2. 柔軟性
  3. 急な体重増加
  4. 栄養

 

クリームでケアできるのは「保湿」と「柔軟性」です。

 

市販ボディクリームでは保湿は出来ても、肌の柔軟性を高めることはほぼ期待できません。

 

もともと妊娠線予防のために作ったクリームじゃないので、肌の柔軟性に有効な成分はほとんど配合されていないんです。

そのため、市販のボディクリームは「保湿」という項目だけをケアすることになります。

 

その点、専用の妊娠線クリームは「保湿」と「柔軟性」の2つをケアできます◎

妊娠線予防に特化して作られているので、保湿力は当たり前ですが、それと合わせて肌の弾力UPや柔軟性を高める成分がたっぷりと配合されているんです。

そのため、妊娠線ができない可能性が市販のものより高いというわけです☆

 

・価格を重視するなら市販ボディクリーム

・少しでも防げる可能性を上げたいなら妊娠線の専用クリーム

 

こんな感じになりますね。

まぁ、専用クリームを塗っていても絶対できないというわけではないので、どっちを選ぶかは自分の判断になります。無責任でごめんなさい(;^ω^)

 

妊娠線予防の専用クリームもおすすめを5個紹介しているので、良かったら参考にどうぞ。

妊娠線クリームのおすすめ5選!専用クリームで予防する!
こんにちわ。看護師ママです。 近年は妊娠線予防クリームがたくさんのメーカーから発売されているため迷ってしまいますよね・・・。 ここで紹介しているのは妊娠線予防の専用クリームです! こ...

 

コメント