<看護師ママの評価>ベルタマザークリームの効果を成分で解説!

ベルタマザークリームの効果

こんにちわ。看護師ママです。

妊娠線予防クリームとして人気のベルタマザークリームですが、「実際の効果はどうなの?」「どういった成分が配合されてるの?」と気になっている妊婦さんも多いと思います。

そこでベルタマザークリームの効果について、成分別にどういった効果が期待できるのかを解説していこうと思います。

合わせて私の個人的な評価もお伝えしているので見てみてください。

ベルタマザークリームの成分と効果について詳しく知りたい!という方の参考になる記事です。

 

ベルタマザークリームの効果的な成分を紹介!

まずはベルタマザークリームに配合してある成分をすべて記載してみます。

 

<成分一覧>

水、ミリスチルアルコール、BG、カニナバラ果実エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、ローズマリー葉エキス、プラセンタエキスアスパラギン酸、アルギニン、グリシン、アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリンセラミド2、アスコルビルグルコシド、グルコシルヘスペリジン、トコフェロール、ユビキノン、葉酸、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Naアラントイン、グリチルリチン酸2K、加水分解水添デンプン、グリコシルトレハロース、グリセリン、コメヌカ油、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ペンチレングリコール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアリン酸ソルビタン、クエン酸、水酸化K、エチドロン酸、フェノキシエタノール、グレープフルーツ果皮油

 

妊娠線予防に効果のある成分にマーカーを引きました。効果別に色分けしてます。

それでは分けて解説していきますね。

 

ベルタマザークリームの効果①~浸透率を高める!

水色のマーカーを引いた成分がこれにあたります。

妊娠線予防のクリームでもっとも大切なのが浸透率です。

妊娠線は真皮が傷つくことで出来るので、成分をしっかりと浸透させる必要があるからです。

そのため「浸透率が高い=効果が高い」と思ってもらって大丈夫です。

 

<アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン>

「シラノール誘導体」と呼ばれるのがこれです。肌への浸透率を高め、真皮へと成分を届けてくれます。海外の妊娠線ケアの臨床試験でも効果が実証された成分になります。

 

<アスパラギン酸・アルギニン、グリシン>

これらはアミノ酸の3種類です。アミノ酸には肌の潤いや保湿の効果がありますが、浸透率を高める効果も認められています。

 

[個人的な見解]

浸透率を高めるための成分配合としてはトップクラスです。しいて言うなら「ビタミンC誘導体」も配合してあれば完璧だったかなと(;^ω^)

まぁ、そうなると価格がもっと高くなってしまうので価格とのバランスを考慮されたんだと思います。

 

ベルタマザークリームの効果②~肌を整える!

黄色のマーカーを引いた成分(セラミド・グルコシルヘスペリジン・葉酸・アラントイン)が肌のめぐりをサポートしたり守る役割をしてくれます。

妊娠線クリームにおいて実質的な働きをする成分です。

 

<セラミド>

肌のバリア機能をアップさせる効果があります。敏感肌・アトピー肌の人には特にうれしい成分です。

<グルコシルヘスペリジン>

「ヘスペリジン」と短くして呼ばれます。肌のコンディションを整え、柔軟性を高めてくれる効果があります。

<葉酸>

「肌のめぐりをサポートする」という言い方をよくされますが、具体的には弱った肌を元気にする効果があります。妊娠中はホルモンの乱れや乾燥で肌がとてもダメージを受けています。弱った状態になり妊娠線ができやすくなるのを守ってくれるイメージです。

<アラントイン>

ヘスペリジンと同じく肌のコンディションを整え、柔軟性を高める効果があります。

 

ここで紹介した成分は1つだけ配合されていても妊娠線ケアに効果的です。そのため、多くの妊娠線クリームは1つ、もしくは2つ配合されているのが一般的です。

しかし、ベルタマザークリームには4種類も配合されているんです(#^.^#)

これだけでもベルタマザークリームが妊娠線に効果があるのが分かります。

 

ベルタマザークリームの効果③~潤いと保湿!

緑色のマーカーを引いた成分(プラセンタエキス・アセチルヒアルロン酸Na・ヒアルロン酸Na)は肌の潤いUPや保湿に効果を発揮してくれます。

妊娠線予防において保湿も重要な要素です。

 

<プラセンタエキス>

プラセンタといえば美肌効果のイメージがありますが、妊娠線予防に役立つのがプラセンタに多く含まれているビタミンBです。肌を老化させる過酸化脂質を減らす効果があり、肌ダメージを軽減してくれるので妊娠線ができにくい状態にしてくれます。

もちろん潤い・保湿効果も◎

<アセチルヒアルロン酸Na・ヒアルロン酸Na>

保湿といえばヒアルロン酸Naですね。アセチルヒアルロン酸Naは別名「スーパーヒアルロン酸」と呼ばれ、通常のヒアルロン酸の2番の保湿力がある成分です。

 

この2つを配合することで妊娠線ケアに欠かせない保湿をしています。

潤い・保湿の部分では「高価な成分を配合しているなぁ~」という印象を受けます。

近年は妊娠線ケアをしながら美肌効果も気にする女性が増えているので、そこもカバーしたという感じですね。

 

ベルタマザークリームの評価!

ベルタマザークリームの評価

看護師ママの評価 :

5点満点中☆4つです。

個人的な評価になりますが、ベルタマザークリームはとても高評価です。

配合成分が申し分なく、妊娠線予防に適したクリームになっていると言えますね。

 

満点にしなかったのは単品購入だと高いからです(;^ω^)

単品購入(6,980円)は損なので絶対におすすめできません!笑。

 

ベルタマザークリームを購入する場合は定期購入がマストですね。

初回500円、2回目以降4,980円です。これなら成分と価格のバランスが取れています。

定期コースで申し込むことに抵抗がなければ、私が1番おすすめできる妊娠線クリームです。

 

 

コメント