粉ミルクの水選び!3つの選択肢と注意点!

粉ミルク 水選び方

こんにちわ。看護師ママです。

ミルクを作る上で重要な「水」について紹介していきます◎

ママ・パパにとっても初めてのミルク作りは不安との闘いです。

「水道水でもいいの?」「温度はこれであってるの?」・・・などなど( ;∀;)

産院でも説明を受けると思いますが、ここでは出来るだけ詳しく書いていこうと思うので、良かったら参考にしてください。

この記事では粉ミルクの水選びについて書いています。

 

<注意点!>粉ミルクの水は絶対に軟水!

まず初めに知っておいて欲しいことが1つあります。

 

粉ミルクを作る水は”軟水”を選ぶ!

 

水には硬水と軟水があるのはご存知だと思いますが、ちょっとだけ詳しく把握しましょう。

<ミネラル成分の硬度とは?>

水1リットルの中に溶け込んでいるカルシウムとマグネシウムの量を表した数値を硬度と言います。

120mg/lを超えると「硬水」、それ以下なら「軟水」です。

 

赤ちゃんは腎臓など内臓の機能が未熟なので、ミネラルを排泄するのが苦手。

大人は余ったミネラルは尿として排出しますが、赤ちゃんはそれが難しいんです。そのためミネラルが多く含まれる硬水はミルク作りには不向きです!

 

そのためミルクの水は必ず軟水を選ぶことが重要です◎

 

粉ミルクを作る水はどんな選択肢ある?

粉ミルクの水は選択肢が3つあります。

どれにもメリット・デメリットがあるので、ママ&パパで相談して決めるようにしてください。

 

<粉ミルクの水一覧>

1、水道水

2、ミネラルウォーター(ペットボトル)

3、ウォーターサーバー

 

それでは1つずつ見ていきましょう◎

 

粉ミルクの水①~水道水!

粉ミルク 水道水

メリット : 安い

デメリット : カルキ・トリハロメタンが混入している

 

まず代表的なのが水道水ですね。水道水は軟水なのでご安心を◎

 

デメリットとしては必ず沸騰させる必要があること!

カルキを飛ばすために、やかん・鍋などで沸騰させないといけません。

カルキは沸騰するとすぐに飛ばせますが、トリハロメタンは5~10分ほど沸騰した状態を維持しないといけません。

詳しくは⇒<注意点>粉ミルクを水道水で作る前に知っておきたいこととは?で解説しています◎

赤ちゃんが泣きだしたら最悪ですね。「ごめんね~ちょっと待っててね~( ;∀;)」てなるのが大変です。

 

水道水を選ぶメリットとしては、価格の安さ!

ペットボトルやウォーターサーバーを利用するより遥かに安いです(#^.^#)

そのためコスパ面を考慮するなら水道水という選択肢になります。

 

 

粉ミルクの水②~ミネラルウォーター!

粉ミルク ミネラルウォーター

メリット : カルキ・トリハロメタンが入ってない

デメリット : 在庫切れ&買い出し

 

水道水よりも安全というイメージがあり、最近ではミネラルウォーターでミルクを作るママさんが増えています。

 

デメリットは買い出し&在庫確認!

常にペットボトルの在庫を確認しておかなくてはいけません。新生児期などママ1人では買いに行くのが難しいので、土日などにパパさんにまとめて買っておいてもらう必要があります。

まぁもし無くなったらその時だけ水道水を使えばいいんですけど(;^ω^)

あと買い出しですね。最近は通販でお水を箱買いする人もいるようですが、イオンやドラッグストアで買った方が安いので基本的には買いに行くと思います。その買いに行く手間がデメリットです。

 

メリットはカルキ・トリハロメタンが入ってない!

カルキ・トリハロメタンが入ってないので、ミルク作りの適温(70~75℃)に温めるだけでOK。

そのため電気ポットで適温に保温しておけば簡単です◎

 

安全性は大事だけど、ウォーターサーバーはなんか嫌!笑。っていう人はミネラルウォーターという選択肢になります◎

 

粉ミルクの水③~ウォーターサーバー!

粉ミルク ウォーターサーバー

メリット : 作るのが簡単

デメリット : コストが1番高い

 

子育てのためにウォーターサーバーを設置する家が多く、その中でもミルク作りのためにウォーターサーバーを契約する家が増えているようです。

そのためメーカーによっては赤ちゃん用プランなども用意されています。

当然ですが、カルキ・トリハロメタンは入っていません◎

 

デメリットとしては価格が高い!

「ミネラルウォーターを買うよりもウォーターサーバーの方が安い」というのも聞いたり見たりしたことはありませんか?

けど実際にはそんなことありません。ミルク1回分の価格はウォーターサーバーが1番高いです(;^ω^)

 

メリットはミルク作りがとにかく簡単!

ほとんどのウォーターサーバーは約80℃のお湯がすぐ出るようになっています。

そのため作るのに1分かかりません(#^.^#)

夜中など急遽ミルクが必要になっても、湯を沸かす手間がかからないのも魅力です。

 

安全&簡単さを求めるならウォーターサーバーという選択肢になります!

 

看護師ママもウォーターサーバーでミルクを作っていました◎

良かったら参考に⇒赤ちゃん目線のウォーターサーバー3選!安全で安いのは?

 

ミルク作りの水はどれがいい?みんなはどれを選んでるの?

粉ミルク 水

粉ミルクを作る水について3つ紹介しましたが、どうでしたか?

「決められない・・・悩む・・・。」という方も多いですよね(;^ω^)

 

最初にも書きましたが、軟水ならどの水でもOK◎

あまり深く考えなくても大丈夫です(#^.^#)

昔はそもそもウォーターサーバーがなかったので、ほとんどのご家庭が水道水でミルクを作ってたんです。

そう考えると水道水でいいのかなと思います。

 

ちなみに2017年の調べでは

水道水が5割、ミネラルウォーターが3割、ウォーターサーバーが2割

だそうですよ。

年々ウォーターサーバーの割合が増えているようですが、、、これは水に対する安全性や健康面を気にするママ・パパが増えているからだと思います。

 

 

コメント