ベビーチェアの種類!選び方も合わせてご紹介!

ベビーチェアの種類や選び方

こんにちわ。看護師ママです。

ベビーチェアとは、赤ちゃんが座る椅子のことですが、用途に合わせて本当に多くの種類が発売されています。そのため、「どれを買えばいいの?どんなタイプがあるの?」と疑問に思っているママさんも多いはず。

そういった疑問を解決できるように、ベビーチェアの種類から選び方について紹介していこうと思います。

 

ベビーチェアの種類は、ロータイプ・ハイタイプ・テーブルタイプの3種類◎

大きく分けてこの3種類に分類されます。1つずつ見て行きましょう。

ローチェアタイプのベビーチェア!

ロータイプのベビーチェア

ローチェアタイプは床に置いて座らせるタイプのベビーチェア。椅子タイプのものから最近ではクッションに近いものなど多数あります。

種類によっては、生後3カ月頃~使えるタイプもあり1番早く使えるベビーチェアです。

背が低く重心が低いので安定性があります。そのため、ママが掃除やご飯の支度をしている時などに座らせておくことが出来る点が人気ですね。

その他、床に座るという特性から、お座り練習としても使えるのがロータイプのベビーチェアになります☆

ご自宅のダイニングテーブルがコタツなどの低いテーブルの場合は、ロータイプを購入するのがおすすめですね。

~デメリット(注意点)~

他のものに比べて使える期間が短いです。太もも部分が分かれているタイプの場合、太ももが太めの赤ちゃんは足が入らなくなったらもうダメです。。

腰が据わる頃になると、自分で抜け出せるようになるので目を離せなくなるのもデメリットですね。腰ベルトなどで対応する必要があります。

ロータイプのベビーチェアは首が据わっていれば使えるので、早くから使いたいママさんは購入を検討されるといいと思います☆

 

看護師ママが選ぶ!ベビーチェア(ロータイプ)のおすすめ10選!

 

ハイチェアタイプのベビーチェア!

ハイチェアタイプのベビーチェア

ハイチェアタイプは一般的にダイニングテーブルで使える椅子のことを言います。

その名の通り背が高いのが特徴で、ママ・パパと一緒にテーブルでご飯を食べる習慣を身につけることができるベビーチェア☆

ママ・パパが椅子に座ってご飯を食べる家庭なら、同じ目線で一緒にご飯を食べれるので赤ちゃんも安心して食事ができるのが人気のポイントです。商品によっては高さ調節できるものがあるので、ローチェアに比べて長い期間使えるというメリットもあります。

~デメリット(注意点)~

重心が高いので転倒しないように注意する必要があります。そのため、ハイチェアタイプの場合は赤ちゃんが座っている時に目を離せないのがデメリットになります。

安全設計されていますが万が一ということもあるので、ハイチェアを使う時は近くに一緒にいてあげることが大事ですね。

あと、安定性を高めるためにどうしてもサイズ感が大きいです。場所をとってしまうのがデメリットになります。そのため、収納を意識するなら折り畳めるのかなどを比較するのも忘れずに。

 

テーブルチェアタイプのベビーチェア!

テーブルチェアタイプのベビーチェア

テーブルチェアはテーブル(机)にはめ込んで使うタイプのベビーチェア☆

ある程度の幅(厚さ)には対応できるので、一般的なテーブルであれば使用可能です。家で使うというよりは、外出先で重宝するタイプのベビーチェアですね。

そのため、持ち運びを意識した軽量で折り畳みできるものがほとんどです。

テーブルチェアタイプには専用のテーブルが付いた商品があり、これはお店や人の家のテーブルを汚さずに使えるので人気が高いです。

~デメリット(注意点)~

当たり前ですが、テーブルがないと使えないのがデメリットです。テーブルチェアタイプは単体では使用できません。

あと、外出先で使うテーブルの幅を事前に確認する必要があります。挟み込む幅の調整がある程度ききますが、念のため確認しておいた方が無難です。使えなかった。。という場合も多々あるので。

 

ベビーチェアの選び方は使う場所&時期を考える!

ベビーチェアの選び方

ここまで読んでいただいたら、なんとなくどの種類を買おうか見えてきたと思います。

☆ベビーチェアの選び方まとめ☆

・出来るだけ早くから使いたい、お座りの練習をさせたいならローチェアタイプ。

・家で長く使いたい、同じ目線で食事をしたいならハイチェアタイプ。

・外出先でも使いたいならテーブルチェアタイプ。

このように、使い始める時期だったりシーンに合わせてベビーチェアを選ぶのが1番いいと思います。

 

個人的な意見ですが、高すぎるベビーチェアは買わない方がいいです!

最近ではオシャレで可愛いものとか、機能が充実したものなど多数あります。そのため、価格もピンキリです。高いやつは3万とかします。。。汗

ベビーチェアはこれを買えば1個でOK!というものはありません。

はじめは機嫌よく座ってたのに、なぜか嫌がるようになったりします!そしたら違うのを新しく買う必要が出てきたりもするんですよね。。。そのため、最初から高いベビーチェアを買うのはオススメできません。

機能性と価格のバランスを見て購入するようにしましょう☆

昔から人気のある商品は、価格と用途(機能性)のバランスが優秀なものが多いです。

 

コメント